STAIR Lab

Blog

第15回ステアラボ人工知能セミナー開催報告 The 15th STAIR Lab AI Seminar: Keisuke Sakaguchi

thumb image

2017年12月14日 (木) に、第15回ステアラボ人工知能セミナーを開催しました。
今回は、Johns Hopkins Universityの 坂口慶祐氏に、「文法および流暢性を考慮した頑健なテキスト誤り訂正」のご講演をしていただきました。

On December 14, 2017, Mr. Keisuke Sakaguchi from John Hopkins University, gave a talk about the research on text error correction in natural language processing.

日本語文を書くときに漢字を間違えてしまったり、英文を書くときに単語のスペルを間違えたり、そもそも文法的に間違った文を書いたりと、我々が書く文にはかなりの頻度で誤りが含まれます。
誤りを含む文を見たとき、人間はどこが間違いかが分かり、意図する文に修正できたりするのですが、自然言語処理のシステムではそれは簡単なことではありません。
坂口氏はそのような誤りを含む文に対して頑健な自然言語処理のシステムを構築する研究を行われており、講演では、坂口氏ご自身が行われた以下の3件の研究を主に説明していただきました。

  • Keisuke Sakaguchi, Kevin Duh, Matt Post, Benjamin Van Durme, “Robsut Wrod Reocginiton via semi-Character Recurrent Neural Network,” Proceedings of the 31st AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2017)
  • Keisuke Sakaguchi, Matt Post, Benjamin Van Durme, “Error-repair Dependency Parsing for Ungrammatical Texts,” Proceedings of the 55st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2017)
  • Keisuke Sakaguchi, Matt Post, Benjamin Van Durme, “Grammatical Error Correction with Neural Reinforcement Learning,” Proceedings of the Eighth International Joint Conference on Natural Language Processing

以下は、当日の講演スライドと講演動画です。ぜひご覧ください。

The slides and videos are now available on Slideshare and STAIR Lab YouTube Channel.

今回も多くの方にご参加いただきました!ありがとうございました。