STAIR Lab

Events

第15回ステアラボ人工知能セミナー 坂口慶祐先生「文法および流暢性を考慮した頑健なテキスト誤り訂正」 The 15th STAIR Lab AI Seminar: Keisuke Sakaguchi

thumb image

Keisuke Sakaguchi, a Ph.D. candidate at Johns Hopkins University, Center for Language and Speech Processing (CLSP), will give a talk about the research on the error correction in natural language processing on December 14, 2017.

千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター (ステアラボ) では、機械学習、自然言語処理、画像処理等の人工知能分野の研究者をお招きし、最先端の研究についてご講演していただく「ステアラボ人工知能セミナー」を定期的に開催しています。
どなたでも無料でご参加いただけます。
参加申し込みの抽選後、座席に余裕がある場合は先着順でセミナー当日まで申込みを受け付けます。

【日時】
2017年12月14日 (木) 15:00-16:30

【場所】
千葉工業大学東京スカイツリータウン(R)キャンパス
東京スカイツリータウン(R) ソラマチ8F

【講演者】
Johns Hopkins大学 坂口慶祐氏
http://cs.jhu.edu/~keisuke/

【講演タイトル】
文法および流暢性を考慮した頑健なテキスト誤り訂正

【講演概要】
自然言語処理において、データにスペリング誤りや文法誤りが含まれる場合、各種タスクにおける精度が著しく悪化する。一方、私達人問はそのうよな誤りに対し非常に頑健な言語拠理メカズニムを備えれらている(例えばこの文のように)。本講演では、このような誤りに対する訂正モデルについて紹介する。 具体的には、文字単位での誤りを訂正するリカレントニューラルネットを用いたモデル、単語単位での文法誤りの訂正と依存構造の同時解析モデル、そして強化学習を用いた文単位の誤り訂正モデルについて説明する。

Members 関連メンバー